CATEGORIES
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
ARCHIVES

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

わんぱく塾〜学生ブログ〜

わんぱく塾サマーキャンプ2008で学生スタッフとして参加した学生たちのブログ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
ブランド小学校
木戸口です。早いものでもう髪がだいぶ伸びて来ました。
さて、16日の朝日新聞(朝刊)の記事を見て思ふ。

ブランド私大の系列小学校について続々増えているという。
関西でいえば関西学院、南山が08年に開設。10年に関西、11年に同志社の2校目ができる予定だという。現存する他の私大系列小学校も個性ある一貫教育を売りに競争化している。

ふむ。16年一貫の教育か。米国の裕福層が集まるゲーティッドコミュニティ(gated community)らしきものを感じた。だが、一概に悪いとはいわない。似た家庭環境の子が集まるのは安心だという親心は理解できるからだ。(だからといって公立が悪いわけではないが)
また初回の受験以来、受験の経験がなくなるという懸念があるが、挫折や試練の場は中・高・大学受験の他にもあるであろう。人生経験はその者が主体的であれば出会えると信じて止まない。しかし、人にはよるが大学内での内部生(一貫校卒業者)の評判はイマイチなもの事実。受験入学者から見たら知識量にしろ、考え方にしろ、ぬるま湯に浸ってきたと感じられることが多いそうな…。

一貫教育には一長一短はあるが、ただ小学校時代に勉強を強いられて、子供らしい趣味をなくして過ごして欲しくない。多くの経験をして欲しい。
私自身そういう経験をしてきたからこそ、切にそう思った。
| 木戸口 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ご挨拶。
わんぱく塾のわんぱく担当の木戸口(坊主の男)です。
さて、来年のキャンプ日程も決まりました。来年も今年参加した学生の多くが参加するでしょう。いや、参加します!!
 たった三日間とはいえ、自然に触れ、昔にはなかった近代文明の産物から離れ、忘れたはずの子供の記憶が甦ったのを覚えています。なにより自分自身が一番楽しんでいたような気がします。だからと言って、お子様方を疎かにしておりませんのでご了承下さい。(笑)でも、少しでもこの楽しさが子ども達に伝わっていたらいいな。そう思っています。
 来年も最高のキャンプにできるよう、僕自身も微力ですが、お力添えしていきたいと思います。みなさまとこうして関わったのも何かのご縁。この縁を作って下さった宇津崎理事長、塾長、友見さんに感謝するとともに、保護者の方々に一言御礼申し上げたいと思います。
「ありがとうございました。」
以上、堅苦しくなりましたが、今後は子供達にもわかりやすいよう、フランクな感じで伝えていきたいと思います。気軽にコメントを返してもらえると嬉しいです(^−^)

わんぱく塾 大学生実行委員 木戸口健太郎(立命館大3回生)
| 木戸口 | 22:19 | comments(2) | trackbacks(0) | - |