CATEGORIES
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
ARCHIVES

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

わんぱく塾〜学生ブログ〜

わんぱく塾サマーキャンプ2008で学生スタッフとして参加した学生たちのブログ!
<< つながり!! | main | 動画UP >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
記憶
こんにちは、菅です。昨日、友だちと東京都美術館で開催されている「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」を観賞しました。「光の画家」といえば、光の魔術師と評されているレンブラントを思い浮かべる方も多いと思いますが、フェルメールの柔らかな光の描き方は、レンブラントとは違った趣があります。



絵を観るのは好きです。僕は高校生の時、テニス部に所属していましたが、美術部も兼部していました。ただ、描いた絵の賞状が数枚あるにも拘らず、絵を描いた記憶は殆どありません。記憶に残っているのは、冬の特別寒い日に「今日はテニスをする日ではない」と、美術室に避難して、顧問の先生が煎れてくれるコーヒーを飲む習慣があったことくらいです。



美術館の帰りに、カフェに立ち寄りました。そこで隣席となった男2人組が、大きな声で下らない話をしています。彼らの話題は「何をすれば浮気になるか」だとか「遠距離恋愛は可能か」「卒業した大学のサークルの会合に未だ顔を出すことについて」などといった類いの、いわば「どうでもいい話」でした。



ただ、彼らの会話は不思議と「聞かせる会話」だったと思います。こうしたことがあると、たとえば10年後に記憶しているのは「彼らの会話」であり、最悪フェルメール展に行ったことは忘れてしまいそうで困ります。一緒にいた友だちも、同じような感想をもったようです。



これはちょうど、美術部で絵を描いたことよりも、テニス部をサボりコーヒーを飲んだ冬の日が印象に残っていることと似ているかもしれません。油絵具の匂いがうっすらと薫る放課後の美術室のことは今も、冬の特別寒い日に思い出します。鮮明な記憶と、曖昧な記憶の間には、どれほどの差があるのでしょう。ではでは皆さん、良い週末を。
| H.Suga | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | - |









http://wanpakujuku.jugem.jp/trackback/35
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS